こんな場合も消費者金融で借りられる?

消費者金融を利用する時は、どんなケースが向いているのでしょうか?また、自分がお金を借りたい時に、こんな場合でも消費者金融で借りられるのだろうか?と不安になることもあるかもしれません。消費者金融で借りられるのは、どういった借り入れ目的の時なのでしょうか?

 

まず、消費者金融でも最近は取り扱っている商品が多くなっている所も増えています。一般的にキャッシングやカードローン、フリーキャッシングといった名称で呼ばれている金融商品では、限度額を決めて毎月借入残高に応じた一定額を返済していく利用方法が多いです。このローンでは、借り入れの目的は自由に決められるようになっています。ただし、事業性資金としてだけは使えない、というローンも多いです。この点に注意をしておきましょう。

 

消費者金融でも目的に応じた目的ローンを取り扱っていることがあります。これは、マイカーローンや教育ローン、ブライダルローンといったようにお金の使いみちがはっきりとしている時に利用することになります。資金使途を証明する書類を提出するローンがほとんどとなっています。また、目的ローンでは申し込み方法が限定されているような消費者金融もあります。例えば、ネットでの申し込みができないというものもあります。便利に申し込みをしたいのなら、金利の違いなどに気を付けて目的ローンなどでなく、あえてキャッシングを利用するのも一つの方法です。

 

同じ消費者金融が取り扱っていても、ローンによっては年齢条件が違っていることや、年収条件が付いているものなどもあります。どちらを申し込みができるのか、自分の借り入れ希望ならどれを利用するのが最適なのかということをきちんと検討しておきましょう。それには、借り入れ計画をきっちりと自分でも立てておくことが大切になります。